2014年06月20日

2回戦以降の人数とルールの改編について

DP-SRです。
ルール・人数など、一部改編を行いました。
http://kenryuhai-q.seesaa.net/article/374560242.html

改編理由:
・予選数増加に伴う人数の調整
・予習☆リセットに伴い、自由形式HARD縛りで選択肢の幅を狭めない為

----------------------------------------------------------
<1.勝ち抜け人数>
前回「賢竜杯:Re」と勝ち抜け人数は同様に設定します。

[2回戦(144人)]
 ・1位、2位→ 3回戦進出(72人)
 ・3位、4位→ 2回戦敗者復活戦へ(72人)
[2回戦敗者復活戦(72人)]
 ・1位 →3回戦進出(18人)
 ・2位、3位、4位→惜敗率上位6人が3回戦進出、それ以外は敗退
[3回戦(96人)]
 ・1位、2位→4回戦進出(48人)
 ・3位、4位→ 敗退(48人)
[4回戦前半戦(48人)]
 ・1位→準々決勝進出(12人)
 ・2位→4回戦後半戦へ(12人)
 ・3位、4位→敗退(24人)
[4回戦後半戦(12人)]
 ・1位→準々決勝進出(3人)
 ・2位、3位、4位→惜敗率上位1人が準々決勝進出(1人)、それ以外は敗退

----------------------------------------------------------
<2.4回戦後半戦ルール一部変更>

旧:(4回戦後半戦のみ、ジャンルは「ノンジャンル」限定)
新:ノンジャンル限定は廃止。
  ルールは「ブロック式ボンバーマン風自由形式フリー」継続。

----------------------------------------------------------
<3.準々決勝ルール全面改訂>

【準々決勝(16人→8人)】
SUN&MOON
・2つのルールに分けて、試合を行う。

【SUNルール】(定員:8名)
・自由形式のみ使用可。

【MOONルール】(定員:8名)
・単形式のみ使用可。

【マッチング手順】
1.4回戦前半戦勝ち抜き者12名は、1〜12のクジを引き、「指名順」を決める。
2.指名順に基づき、「どちらのルールの、何試合目の、何番席か?」を指定する。
3.4回戦後半戦勝ち抜き者4名は、12名の指名で余った枠をクジで決める。
  クジの順番は、4回戦後半戦を1位で抜けた3名の得点の高い順に引くものとする。
  惜敗率での通過者は、残り1枠に自動的に割り当てる。
----------------------------------------------------------
<4.準決勝ルール一部変更>
以下のルールを削除する。
・自由形式を選択する場合、必ず「HARD」を選択して頂きます。
・単形式を選択する場合、当該形式が「★5」でなくてはなりません。
----------------------------------------------------------
以上、ご確認ください。よろしくお願いします。
posted by DragonProject SR at 01:05| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。